まきストール

さまざまなストールの役割について

マフラーよりもやや薄手で軽い感じの物が、ストールで、春や秋に使用されることが多いアイテムです。このアイテムには多くの目的があります。まず防寒具として、肌寒いシーズンに首に巻くことによって首の冷えをしのぐことができます。そしてその次に、紫外線を防ぐ役割もします。紫外線は夏場だけでなく、春や秋や曇りの日にもお肌にダメージを与えるものであり、特にショートヘアや髪の毛をアップしていると首周りは日焼けしやすいものです。ストールを巻くことによって、日焼け予防も行うことができるのです。そしてやはり、服飾小物であり、よりいっそうおしゃれに見せるためのアクセントにもなります。シンプルなファッションコーデには華やかなデザインの物を巻くことでアクセントにもなりますし、首だけでなくバッグにも可愛くリボン結びしたり、麦わら帽子などのポイントとして付けてみるのもおしゃれです。このようにさまざまな役割を果たすことができるストールは、何本か持っておけば服の色に合わせておしゃれを楽しむことができます。巻き方にも、ネクタイ結びやスチュワーデス結び、後ろ結びやアフガン巻きなどいろいろあるので、ファッションによって巻き方も変えてみましょう。

アプローチの仕方がたくさんあるストール。

ファッションのポイントとして利用する、暑さ寒さの調節をする、年齢が出やすい首元を隠すなどで肩にかける衣類の一種であるストールを使う人は多いのではないでしょうか。もともとは中世以降のカトリックの聖職者が、ストラという肩掛けを使っていたのが起源とされています。儀式用のため当初は防寒としての働きはあまりなかったのです。他にも、古代ローマで既婚の女性たちが身に着けていた、ストラと呼ばれる丈がくるぶしあたりまである長いゆったりした衣服が、起源という説もあるのです。なかなか洗うのが難しいジャケットやコートの襟汚れ防止のための働きもあります。襟が直接肌について、油汚れを吸収しないように、一枚の布を間に挟むのです。また、巻き方一つで相手に全く違った印象を与えることもできるのです。スヌード風、アフガン風、ダブルクロススタイル、クロス巻き、リボン巻き、ショール巻き等さまざまな巻き方があるので、どれを選ぶかも、ファッションを構成する要素の中で大切な役割を持っているのです。また、ピンやブローチを使うことによりアレンジを加えることも可能です。一年中季節を問わず、様々な使い道があるストールですから、そのアプローチの仕方もたくさんあるのです。

おすすめWEBサイト 5選

写真ケーキ
http://www.cherie-brin.net/

18金 デザインリング
http://gold-hobby.com/

厨房機器 買取
http://cyubokiki-kaitori.com/

廃品回収 神奈川

http://cashback-life.com/

最終更新日:2015/3/20


↑上に行く?↑